« コーンズパーツセンターに直接注文 | トップページ | 空調の臭いの完全な防止策 »

2005.09.03

ストットルケーブルに注油(2)

前回の注油の結果は今ひとつでしたので、今回はもっと完全にやってみました。注油するのはKUREのスプレーグリスです。インジェクターを持っていないため、十数回に分けてケーブルを完全に垂直にしてワイヤーを動かしながら少しずつ行いました。

DSC03931s

また今回はステアリング下の内装を外し、アクセルペダルの根元の部分のワイヤー出口にも注油しました。

DSC03930s

上記写真では中央やや右よりの場所です。

結果は今回は大成功。アクセルの動作が軽くスムーズになりました。アクセルがスムーズになると車の挙動もスムーズに、アクセルが軽くなるとエンジンの回りも軽くなったような気がします。とっても良い感触です。アクセルワイヤー方式は年月と距離がたつと特に右ハンドルの場合ケーブルのフリクションが増してアクセルが重くなるのは仕方がないのかもしれません。その点、アクセルワイヤーを廃した最近のBMWはその問題はなさそうですね。

 

|

« コーンズパーツセンターに直接注文 | トップページ | 空調の臭いの完全な防止策 »

コメント

トミーさん、こんにちは。

私が注入したのはKUREのグリースメイトというウレア系グリースです。

ワイヤーの内部はゴムはないので大丈夫だと思うんですが、、

その後、非常に快調です。

投稿: ディドリ | 2005.09.07 20:45

昨日が休みだったのですが、台風のため結局作業できずじまいでした。でも、556程度の潤滑剤では改善は見込めないようですね。却って作業延期になって正解だったかも(^^;
スプレーグリスですね、たしかゴム製品にはシリコン系グリスでないと浸食するのでNGだったと思います。ディドリさんはその辺の問題は既にご承知だと思いますが、ここをロムって実践される方は間違って普通のを注油しないように気をつけて下さいね。でも、シリコン系はあまり長持ちしないような感じがします。やはり定期的な注油が必要になってきそうですね。

投稿: トミー | 2005.09.07 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/61703960

この記事へのトラックバック一覧です: ストットルケーブルに注油(2):

« コーンズパーツセンターに直接注文 | トップページ | 空調の臭いの完全な防止策 »