« 流線型 | トップページ | モンディアル大整備の費用は »

2005.05.19

発売当時のモンディアルtの値段と評判

automobile magazineという英語の雑誌の1989年8月号に当時発売になったばかりのモンディアルtのレポートがありまして、それを"Ferrari・328・348・Mondial Ultimate Portfolio"で読んでいましたら面白いことが書いてありました。

当時は日本もバブルでしたが、フェラーリの値段が世界的に高騰して天井だった時期なんですが、モンディアルだけは例外的に影響されておらず、最もバリュー・フォー・マネーなフェラーリだと書かれていました。当時から人気なかったんですね。

すばらしいドライビングマシンであることには変わりないし、スペースは広いし、デザインはエレガントだし、ハンドリングはバランスが取れているし、でも2+2だから好かれるかどうかわからないので、商業的に成功するかどうかは判断できないとも書かれています。

当時の価格は$82,000 、 1ドルが1989年末の東京外国為替相場終値で143.8円だったので円に換算すると1180万円くらいになりますでしょうか。当時コーンズでは1890万円の価格だったそうなので、並行輸入に船賃と日本の車検を通すための改造費や排ガス検査料などでおおよそ100万円かかったとしても1280万円ですから、フェラーリの並行輸入は多かった訳ですね。

今もし82,000ドル 900万円程度で新車のフェラーリが売られるとなると買いたいですね。でもありえないと思います。皆さん期待しないでください。今度Dinoが復活するという非公式な情報を雑誌で読みましたが、一体いくらになるんでしょうね。FRだそうですが。

DSC02464
写真はDino 246 GT


|

« 流線型 | トップページ | モンディアル大整備の費用は »

コメント

こんにちわ
先日はコメントありがとうございました。
私もダンナからDinoと同じようなタイプのフェラーリが復活するって聞きました。多分同じ雑誌からの情報だと思いますが・・・
Dinoというクルマ、いつかは乗ってみたいクルマだとダンナは言ってました。新しいF430より欲しいみたいです。
どちらも手の届かない存在ですけどね。(笑)

投稿: pyoinpin | 2005.05.22 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/4190424

この記事へのトラックバック一覧です: 発売当時のモンディアルtの値段と評判:

« 流線型 | トップページ | モンディアル大整備の費用は »