« 漏れる冷却水 | トップページ | 流線型 »

2005.05.16

フェラーリで変化した生活

私は20数年来の車好きでしたが、機械好きとはいえ元は文系ですので、車のメカニズムについては名前程度は知っているものの、恥ずかしながらそれほどの知識はありませんでした。

しかしフェラーリを買ってそれを維持していく過程で、整備は非常に重要なキーファクターであることから、それらについて本格的に勉強することになりました。近頃は毎月買う本は「オートメカニック」とか「カー&メインテナンス」と言った雑誌で、毎晩寝床で読む本は「オートメカニック臨時増刊メインテナンステキスト初級編」といったものです。

それまでは自分ではずっと前に国産車の頃オイル交換を自分でやったことがあるくらいで、このところはずっとプロ任せでしたが、自分で工具(といってもハンドツール一式程度)をそろえ、多少なりとも自分でやろうという気になってきました。(実際はほとんどがプロにお願いしているのが現状ですが)

機械工学についても詳しくなりました。たとえば「ベアリング」 ベアリングといえば軸受けのことで、ボールベアリングしか頭にありませんでしたが、転がり軸受けには他にローラーベアリングがあり、すべり軸受けとしてプレーンベアリング(メタル)が車では普通に使われていることを知りました。機械の仕事をやっている人には「何を今さら」という感じでしょうが、自分には大変参考になりました。

こういう知識は仕事や生活には余り役立ちませんが、一つ一つ学習していくのは楽しいものです。

写真は再掲です。

DSC02104s

(写真の説明)これはタイミングチェーンのカバーです。上の方の丸い軸のベアリングがローラーベアリングからボールベアリングに改良されていました。三角形の黄色いパーツはオイルポンプ駆動チェーンのテンショナーです。

|

« 漏れる冷却水 | トップページ | 流線型 »

コメント

ども、お久しぶりです。「フェラーリで変化した生活」言いえてますねぇ。
ところでこんな↓ブログを発見いたしました。
「貧乏なのにフェラーリ買っちゃいましたぁ~」
http://pyoinpin.ameblo.jp/
どことなく似たタイトルですね(^^)

投稿: ken | 2005.05.19 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/4145887

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリで変化した生活:

« 漏れる冷却水 | トップページ | 流線型 »