« 整備いよいよ大詰め | トップページ | フェラーリの維持費 »

2005.04.04

モンディアルtのエンジン

モンディアルtのエンジンはF119Dというエンジンで、水冷90°V8DOHC4バルブです。3405CCの排気量から300bp/7200rpmを出します。電子制御の燃料噴射 ボッシュ・モトロニックM2.5を左右2個搭載します。タイミングベルトは1本で左右のバンクのカムを駆動しますが、4気筒エンジンが2個組み合わさったような感じで、左右バンクが独立してマネジメントされています。348もエンジン本体はまったく同じです。

DSC01587
(写真1 カムカバーを外し、カムシャフトもはずしてしまった状態の左バンク)

DSC01581
(写真2 カムシャフトが見える右バンク)

見た目も相当美しいエンジンです。玄関のエントランスホールかリビングにでも飾っておきたい位です。

|

« 整備いよいよ大詰め | トップページ | フェラーリの維持費 »

コメント

Rさん、こんにちは。そうですね、このエンジンをつまみに酒が飲めそうですね。ちなみに材質はアルミの合金で、ほとんど手作りのようです。

Rさんのサイト拝見しました。趣味のガレージ、理想的ですね。

投稿: ディドリ | 2005.04.05 23:22

いつもこのブログ楽しみにしています
自分にはフェラーリとか夢のまた夢ですが
この記事を読ませていただくだけで
なんか
満足できる気がします
ほんとこのエンジンは芸術品ですね
すごく綺麗です
このエンジンをつまみに酒が飲めそうです(笑)

投稿: R | 2005.04.04 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/3562492

この記事へのトラックバック一覧です: モンディアルtのエンジン:

« 整備いよいよ大詰め | トップページ | フェラーリの維持費 »