« ブレーキキャリパーのオーバーホール(2) | トップページ | ついにエンジンとボディが合体 »

2005.04.25

よみがえるF119エンジン

モンディアルのリフレッシュもいよいよ大詰めにきました。
エンジンの組み立てが終了し、搭載を待つばかりとなりました。
新しいヘッドカバーをつけたエンジンは非常に美しくなりました。
腐食して粉を拭いたようになっていたアルミ製のタイミングベルトのカバーは磨いてもらいました。パワステポンプのプーリーなどは塗装してもらいました。

DSC02176s
ボディへの搭載直前のF119エンジン

|

« ブレーキキャリパーのオーバーホール(2) | トップページ | ついにエンジンとボディが合体 »

コメント

Rさん、ありがとうございます。

ヘッドカバーの結晶塗装の塗料は一般には入手困難なものだそうで、ここまでやるところは少ないのではないか、という話しでした。

投稿: ディドリ | 2005.04.26 08:00

いよいよですね
赤いヘッドカバーが凄い雰囲気いいです

投稿: | 2005.04.26 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/3856892

この記事へのトラックバック一覧です: よみがえるF119エンジン:

« ブレーキキャリパーのオーバーホール(2) | トップページ | ついにエンジンとボディが合体 »