« タイミングベルト交換(7) エンジンヘッドの再塗装 | トップページ | タイミングベルト交換(9) タイミングベルト交換のほんとうの意味 »

2005.03.01

タイミングベルト交換(8) エアコンは諦める?

 モンディアルtのエアコンはサンデンのSD-709という当時ヨーロッパでよく使われていたタイプのコンプレッサーだそうで、Golf II, シトロエンXMの前期型などにも使われているものだそうです。ただしコンプレッサーは同じでもパイプの向きがFFとミッドシップでは異なる可能性があり、つくかどうかまだ確認していません。

 それはともかく、コンプレッサーの前部からオイルが漏れており、買った当初はエアコンはそれなりに効いていましたが、ガレージに入れる直前には効かなくなっていました。買った当初効いていたのは、買ったお店が納車直前にガスを補充してくれたためで、それが次第に漏れてきたのだと思います。

 このコンプレッサー、新品で購入すると23万円。ちなみにオーバーホールのパーツがないため、オーバーホールはできないとの噂。大阪の方に新古品というのが10万円でありますが、GolfIIのリビルト品ならもっと安く入手できるそうです。

 SモータースのOさんは、どうせ直したってエアコンはそんなに効かないし、エキスパンションバルブなど他の場所で問題があったらまた大変だから、今回はやらないで良いじゃないですか?とアドバイスしてくれます。私も雨の日は乗らないし、真夏の東京都内など渋滞してつらいようなところは行かないつもりなので、そうしようかと思っています。

DSC01709
とりあえず取り外したコンプレッサー SD-709

|

« タイミングベルト交換(7) エンジンヘッドの再塗装 | トップページ | タイミングベルト交換(9) タイミングベルト交換のほんとうの意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/3101219

この記事へのトラックバック一覧です: タイミングベルト交換(8) エアコンは諦める?:

» コンプレッサーのオーバーホールに成功 [フェラーリ買っちゃいました]
エアコンのコンプレッサーが前部から液漏れが激しく、ガスがすぐに抜けてしまうという [続きを読む]

受信: 2005.04.13 07:15

« タイミングベルト交換(7) エンジンヘッドの再塗装 | トップページ | タイミングベルト交換(9) タイミングベルト交換のほんとうの意味 »