« タイミングベルト交換(10) ベルトの寿命とパーツのコスト | トップページ | フェラーリの錆 »

2005.03.07

タイミングベルト交換(11) 戻ってきたウォーターポンプ

タイミングベルト交換のついでに行われる”消耗部品”のウォーターポンプ、ちょうど私の場合は交換時期に来ていた訳ですが、これが純正では14万円もします。(昨年12月24日の記事をご参照ください)

それで米国は ItalianCarParts.com というところで$449.95でリビルトしました。(本年2月21日の記事をご参照ください)

元々ついていたウォーターポンプを取り外してもらい、郵便局から国際郵便で発送してちょうど14日目にリビルトされたウォーターポンプが到着しました。

DSC01707
左の薄いのはガスケットです。同じものかどうかは判りませんが、エンジン本体と接触して削れていたインペラー(樹脂製?の羽根の部分)はきれいになっていました。

タイミングベルトのテンショナーもそうですが、ウォーターポンプもベルト2本掛けのテスタロッサや355の方が安いようです。これらについてはリビルトキット(オーバーホールキット)というのも売られていて、これが$139.95とずっと安いです。 交換するの(悪くなるのは)どこも同じで主にベアリングのようです。

で、コストですが予想通り、約6万円でできました。(往復送料込み 1ドルは105円で計算)

このウォーターポンプ、SモータースのOさん(先代)が虫眼鏡で良く見てくれたところ、出来はまあまあのようです。ただし付属していたガスケットはもちろん純正ではありませんが、あまり良くないということで、純正品を使うことにしました。 ということでウォーターポンプのガスケット、余っていますので欲しい人はご連絡ください。

日本国内で348のウォーターポンプのオーバーホールをやってくれるところをご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

|

« タイミングベルト交換(10) ベルトの寿命とパーツのコスト | トップページ | フェラーリの錆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/3203929

この記事へのトラックバック一覧です: タイミングベルト交換(11) 戻ってきたウォーターポンプ:

« タイミングベルト交換(10) ベルトの寿命とパーツのコスト | トップページ | フェラーリの錆 »