« モンディアルの部品は寄せ集め | トップページ | フェラーリとチャイルドシート »

2005.02.02

フェラーリを安く維持する法

SモータースのOさん(先代)からお聞きしたのですが、フェラーリの場合純正部品よりも日本で作らせたほうが安くて良い物ができるそうです。

たとえばヒーターコア、これは冷却液を使って暖房するための(ヒーター)ラジエーターのようなものですが、内部が腐食して水漏れした場合交換が必要になります。これを純正パーツでやろうとすると、エキスパンションバルブやブロアモーターと一体になったユニットごと交換となり、パーツ代だけで約80万円するそううです。国内ではずした部品と同じ形のヒーターコアをワンオフで作らせると、形状、寸法ともオリジナルと寸分とも違わないものが3,4万円でできるとか。しかもクオリティは国内で作ったものの方が良いそうです。記録簿をみると私のモンディアルtも数年前にラジエーターがつまったとき、正規代理店のコーンズのサービスセンターで新品の純正ラジエーターではなく国内でオーバーヒート対策を施したラジエーターを新たに作成して取り付けたことがわかります。

純正しかないものは純正を買うしかありませんが、純正以外でもあるものはできるだけそちらを使った方が安くて丈夫なのがフェラーリだそうです。

|

« モンディアルの部品は寄せ集め | トップページ | フェラーリとチャイルドシート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/2754926

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリを安く維持する法:

« モンディアルの部品は寄せ集め | トップページ | フェラーリとチャイルドシート »