« 伝説のメカニック | トップページ | 日本仕様と本国仕様の違い »

2005.02.15

あこがれのフェラーリ

私が車に興味を持ち始めた1980年代初頭には、フェラーリにはまだ2代目テスタロッサはでていなくて、12気筒のBBは512BBの時代でした。

2月はじめの328の集会に512BBも来ていて、久々に間近で見ることができました。この512BBの先代モデルが365GT4BBで、ボディスタイルはほぼ同じ形で、リアのコンビネーションランプが左右3灯で合計6灯なのが特徴です。リアから見る365GT4/BBは最高ですね。マフラーの排気管も左右3個ずつあります。
DSC01354

365GT4/BBは生産台数387台という希少な車で、日本にはおおよそその10分の1位しか存在しないと言われています。

|

« 伝説のメカニック | トップページ | 日本仕様と本国仕様の違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/2935922

この記事へのトラックバック一覧です: あこがれのフェラーリ:

« 伝説のメカニック | トップページ | 日本仕様と本国仕様の違い »