« モンディアルの集会 | トップページ | あこがれのフェラーリ »

2005.02.15

伝説のメカニック

最近タイミングベルト交換の話ばかりを書いていてすいません。たまには違うことを書きます。

最近フェラーリの集会に顔を出すようになって、伝説のメカニックMさんのことをよく耳にします。

ご本人に迷惑がかかるといけないので詳しくは書けないのですが、元有名専門店DにおられたMさんは今はCというガレージを一人でやっておられてガレージは常時待ち状態で3ヶ月待たないと入れないこともあるそうです。

コーンズへ何回持ち込んでも直らなかった328のホットスタートでエンジンがかからない問題を、即座に問題箇所を言い当て、その接点を磨いただけで簡単に直し、代金は5000円しかとらなかったとか。

私が現在タイミングベルト交換ほかでお世話になっているSモータースのOさんも、355のウインドレギュレーターの修理でお世話になったそうです。通常、ウインドレギュレーターが折れていたら内装を外してパーツを交換するところですが、Mさんは内装を全部外すことなく、折れた部分の電気溶接のみで直してしまったとか。内装を全部外すのは大変な手間ですし、新品のパーツに交換しても折れる箇所は弱点なので、また1年くらいすると折れる可能性がある、むしろそこを溶接でついないで補強した方が丈夫という話です。正規ディーラーではできない裏技だと思いますが、そのほうがコストや期間はずっと安く短時間でできるのも納得です。

|

« モンディアルの集会 | トップページ | あこがれのフェラーリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/2935838

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説のメカニック:

« モンディアルの集会 | トップページ | あこがれのフェラーリ »