« タイミングベルト交換(1) | トップページ | タイミングベルト交換(3) 純銀より高いウォーターポンプ »

2005.02.20

タイミングベルト交換(2)

まずは外したエンジン全体の外観から。 これはフロント側から見たところです。

状態としては大変きれいでした。中も汚れていませんでした。

DSC01580

「事件」はタイミングギアのスプロケットがガタついていることでした。これはクランク軸からエンジン内部のチェーン(タイミングチェーン)で結ばれ、タイミングベルトの駆動元となるところです。これがガタついています。

DSC01584

内部のベアリングが悪くなっているのか、オイルパンやミッションのエンジン側を切り離し、エンジンを更に分解しないとわからないということです。分解してこのぐらつきのものとなる箇所をつきとめ、それを発注して届いてからでないと次の作業に取り掛かれないのが時間がかかりそうな理由のひとつです。

ちなみに右で紹介している「ハイパーレブインポートVol.15 フェラーリ348」によると「(この)短いチェーンとチェーンテンショーナーは、タイミングベルト交換2回に1回の割合で交換しておくと安心だ」とのことですので(P119)、こういうもんだといいんですが。

また、実際おろしてみたところタイミングベルトはいつかは分からないが一度交換してあるようだとのことでした。しかしベルトを張った状態でウォーターポンプが手で回るほどベルトの張りがなかったようで、タイミングベルトの裏側(段のついていない方)でまわすウォーターポンプには摺れた痕があり、高回転時などにはウォーターポンプが十分回っていなかった可能性があったようです。

しかし単体で見るエンジンは美しいですね。思わず携帯の待ち受け画面に入れて常時見たくなりました。(電車の中で携帯の待ちうけ画面にあるフェラーリのエンジンをみてにやついている男がいたら不気味でしょうね。)

|

« タイミングベルト交換(1) | トップページ | タイミングベルト交換(3) 純銀より高いウォーターポンプ »

コメント

ディドリさん、こんばんは。

この部品は弱いらしく、「せっかくフロントカバー外すので交換しましょう。」
と言う事になり、事前に発注しておいたのです。

投稿: すかあふぇいす | 2005.02.21 23:49

すかあふぇいすさん、こんにちは。

そういえば以前タイミングギアが書けていたと仰っていましたが、この部分ですね。これを交換しても2週間で済んだんですか?

投稿: ディドリ | 2005.02.21 07:46

ディドリさん、こんばんは。
僕のも正にここがガタついていました。
お陰で異音もなくなり絶好調です!

投稿: すかあふぇいす | 2005.02.21 04:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/3009259

この記事へのトラックバック一覧です: タイミングベルト交換(2):

« タイミングベルト交換(1) | トップページ | タイミングベルト交換(3) 純銀より高いウォーターポンプ »