« フェラーリが世界で一番売れている国は | トップページ | フェラーリミュージック »

2005.01.26

新車並行か中古並行か

日本のフェラーリは並行輸入車が多いということを2004年の12月31日に書きましたが、並行輸入車には新車並行と中古並行があります。日本の並行輸入車はヨーロッパからのものとアメリカからのものがほとんどだと思います。(以前はたまに中東からの輸入ということを聞いたことがありますが) 中古並行とは本国で登録され、使われていた中古車を輸入したものです。

私は新車並行と中古並行では、新車並行の方がずっとモノが良いというのは輸入車界の「常識」とずっと疑っていませんでした。

その理由は

・海外での中古車は同じ年式の日本で使われた車に比べて走行距離が多い(日本では1年に走る距離は平均でも1万キロ以下ですが、ドイツなどでは1.5万キロと言われています。)

・ヨーロッパなどでは冬に雪が降ると融雪剤を道路にまくので、ボディ下部にそれによる錆が生じていることが多い

というものです。

しかし最近、328オーナーのIさんからフェラーリの場合は中古並行の方がモノが良いという意見を聞きました。その理由は

・国内で使用されていた個体と比較すると海外で使用されていた車の方が程度が良い。走行距離は多いが一回の走行距離が長いので、室内の程度が良いクルマが多い。同じ年式の国内正規ものだと短い距離でも乗り降りが頻繁なのでシートの擦れや内装の痛みが段違いに激しいとのこと。機関にも影響あり。

・日本の環境は劣悪(湿度の問題)なので、クルマ的にサビのあるクルマが多い。

・だからショップのオーナーの中には日本国内ではフェラーリを探さないという人もいるくらい、

だそうです。

ヨーロッパでもフェラーリオーナーは金持ちだから、しまいこんで走らない人もおおいんでしょうね。これらは古いフェラーリ(328の場合は最終製造が1989年です)の場合、ヨーロッパで保管されていて最近になって日本に輸入された中古並行の方がモノの状態が良い、ということだと思うんですが、なるほどと思いました。確かに日本の車はヨーロッパやアメリカに比べると走行距離が短いのが特徴ですが、東京などは渋滞や暑さなどで車としては過酷な状況なので、そういうところばかりを走ってきた車、特に1回の走行距離が短い距離のことが多い場合は距離自体は短くても痛みが激しいことはありえると思います。逆にアメリカのテキサスでは丸1日走ってもまっすぐでカーブがない道路などもあるそうで、そういう場所は車にとっては東京よりも楽なんでしょうね。

|

« フェラーリが世界で一番売れている国は | トップページ | フェラーリミュージック »

コメント

bpx1974さん、こんにちは。

やっぱりそうですか。中古並行はよくないって、ずっと20年くらい信じていたので、最初は耳を疑いましたが、考えてみると理屈にあいますね。すべてに当てはまる話ではないと思いますが。

投稿: ディドリ | 2005.01.27 21:27

ディドリさん、こんにちは。ご無沙汰しております。

ある程度大きなクルマを中古で買うのであれば、中古並行が一概に悪モノとは言えないという話は、私も聞いたことがあります。

以前アルファロメの164Q4の中並モノを検討(買いませんでしたが)したときに聞いたのですが、理由はディドリさんもおっしゃっているとおり、日本で渋滞に酷使されたものが多いのに対し、ヨーロッパではアウトバーンなどでの利用が多く、熱等によるダメージが少ないこと、それと日本に比べて高回転で使われている場合が多いので、エンジンがよく回るような性格になっていることも多い、という話でした。

ただ、日本では「中古並行」というだけで自動的に下取り価格等は一気に下がりますから、その辺はどうしようもないデメリットですね。
逆に乗りつぶすつもりなら、素性さえ明らかなら意外と中古並行のほうがアタリだったりするかも知れないですね。

投稿: bpx1974 | 2005.01.27 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車並行か中古並行か:

« フェラーリが世界で一番売れている国は | トップページ | フェラーリミュージック »