« 小さいラジエーター | トップページ | 伝説のタイミングベルト »

2004.12.07

イギリスのフェラーリと本の紹介

日本でバブルのころ「イギリスではフェラーリも安いものは200万円くらいからあって好きな人は自分で直しながらのっているらしいよ」ということを聞き非常にうらやましく思ったことがあります。今や日本でもそれが現実のものとなって非常にうれしく思います。

ところでイギリスのフェラーリですが、右ハンドルが多いようです。日本ではほとんど見かけませんが。イギリスでは左ハンドルは法律で禁止されているわけではないようですが、ほとんど存在しないのが実情のようです。確かにイギリスのフェラーリの本の写真を見ると右ハンドルが多いです。

フェラーリに関する本は最近日本でも見かけますが、イギリスの本はさらに充実しています。モンディアルに関するインプレッションなどもイギリスの本だと沢山あって驚くほどです。そのうちのひとつは読んでいて非常に親しみのある文章だと思って最後に署名を見たら、日本でもよく知られたポールフレール氏のものでした。右でご紹介しているFerrari 328,348, Mondial Ultimate Portfolio もそのひとつです。日本語で翻訳されているものは、同じく右でご紹介している「フェラーリV8のすべて」(原題 Original Ferrari V8)が一番参考になりました。

|

« 小さいラジエーター | トップページ | 伝説のタイミングベルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/2177796

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスのフェラーリと本の紹介:

« 小さいラジエーター | トップページ | 伝説のタイミングベルト »