« 購入2ヶ月で費用31万円 | トップページ | 中古フェラーリ購入の教訓 »

2004.12.20

整備記録を訪ねて三千里

 モンディアルtを購入するときに最初に確認したのはタイミングベルトの交換はいつ行ったか、ということでした。フェラーリのタイミングベルト交換は理想的に行うと50-60万円位が相場なので、購入して直ぐにこれをやるのはたまらないと思ったからです。

 当時モンディアルは2台売りに出ていて、もう1台は私の住んでいるところに近いところであった89年型で548万円だったと思いますが、前回のタイミングベルト交換から数年経過していて、来年辺りは交換しなければならないということもあり、値段も安かったこともありまた内装色も希望に合致していたため今のモンディアルtを選びました。今のモンディアルtは前のオーナーが昨年タイミングベルト交換を行っているということで、あと数年は大丈夫と思っていました。

 ところが買ってみると、ここ10年間程度の整備記録があったのですが、タイミングベルト交換の記録がありません。先般自分で整備をお願いしたSモータース(Sは頭文字)のOさんによると、タイミングベルトを交換するときにかならず緩めるはずのボルトの頭にレンチがあたった跡がないから、やっていないと断言します。

 買ったところに電話で確認すると、記録はないが昨年6月頃にA自動車(Aは頭文字)というところでやってある、と前のオーナーが言っている、と言います。こうなったら自分で調べてみようと記録簿で数年前の車検の記録があるA自動車と思しきところを訪ねてみました。まるで刑事か探偵にでもなった感じです。個人を追及している訳ではないのでストーカーとは違うと思いますが。A自動車の所在はそれほど遠くない場所で、ちょうど1週間前に行ったことがある場所の直ぐそばだったからです。リフト2台程度の小規模な街の整備工場(輸入車専門)という感じのガレージでしたが、出てきたそこのオーナーメカニックとおぼしき人の良さそうなおじさんは、モンディアルのことを覚えていてくれていたものの、前のオーナーはこのところ数年来ていない、と言います。念のため記録簿にある昨年と3年前に車検を行った整備工場に電話してみましたが、やはりやってありません、と断言します。A自動車と近い名前で場所も近いAモータースにも更に念のため行ってみましたが、ここは国産車がメインの整備工場で輸入車はあまりやらない、ということでしたので結論はタイミングベルト交換はやっていない、ということになりました。

 何とメーカー指定では2年または2万キロの早い方、というタイミングベルト交換をこの車は14年、2.6万キロもやっていないのでした。オーソレミヨ!(オーそれみろ)、ついに60万円コースというタイミングベルト交換を早晩せざるをえなくなりました。(タイミングベルトについての詳細は既述の「タイミングベルトの伝説」をご参照ください。)

|

« 購入2ヶ月で費用31万円 | トップページ | 中古フェラーリ購入の教訓 »

コメント

この販売店は特殊な形態をとっていて、個人間売買の中継ぎのような感じで売っています。販売店はおそらく「前のオーナーからそう聞いた」といって責任は取らないでしょう。しかも現状渡しという条件ですから。

いずれは交換しなければいけない消耗品なので、喜んで自腹で交換するつもりです。色々と調べたのは交換のタイミングを見極めるために事実関係をはっきりさせたかっただけなんです。

中古の輸入車を安くかうには色々とリスクがあります。このあたりについて改めて書きたいと思います。

投稿: ディドリ | 2004.12.21 20:22

それは、いわゆる詐欺に近いものですか?
前オーナーを責めるより、ディドリさんが
購入したショップに責任を取って頂くのが
良いのでしょうね。たった60万円でそのショップは
これから大変な事になりますね。
 そのショップのためにもハッキリさせた方が
良さそうですね。

投稿: Sugi | 2004.12.21 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3553/2326280

この記事へのトラックバック一覧です: 整備記録を訪ねて三千里:

« 購入2ヶ月で費用31万円 | トップページ | 中古フェラーリ購入の教訓 »